丘の上のカリーナ

桜の開花が日本一遅く,8月の平均日最高気温21.2℃の釧路で高断熱・高気密住宅を作る

基礎 断熱 考え方 遮熱材

EPS160mm厚基礎断熱工事進捗状況0426(4/29追記)

投稿日:2020年04月27日 更新日:


(2020/04/29追記あり

日曜日に現場へ行ってきました.
到着した頃は小雨がぱらついていました.

まずは鉄塔に登って,タイムラプスカメラの電池とSDカード交換.
まだ,基礎工事なので,カメラの設置高さを変更しなくてもいいでしょう.

次に全体風景.


↑360度画像です.ぐりぐり回しましょう.
(少しずつ機能がわかってきました)

車庫とポーチを除き,
基礎断熱のほぼ全周が断熱材に覆われました.

前回の写真と異なるところがあります.
若干,修正していただきました.

一部,断熱欠損があって,この処理はどうするのかなぁと
ずーーーーーーーっと思っていました.

太い黒線は基礎断熱です.
赤丸のところは
ポーチの土間や,車庫の土間とつながるため
断熱欠損が起きています.
(いびつな形なのは,土地の形状が原因です)
結露しそうだなぁ.
夜も眠れない(w).

日曜日にあちこちWebを見ていると.
なんと,解決策が!
ここの写真5枚目

あー.こうやるんだ.
基礎断熱の断熱面は十分に確保し,
基礎のコンクリそのものは,熱伝導率が良いので
コンクリの接続断面積を小さくしつつ,
鉄筋の周囲にだけコンクリを流し込み,
鉄筋を錆から保護しながら,
鉄筋の連続性は確保する.
こういうこともできるんだー.

(2020/04/29追記)
この基礎断熱の連続処理.
あえて言えば
「鉄筋コンクリート」としての強度
特に「せん断強度」は弱いでしょうね.
私は土建屋ではないので数式や数値は出せませんが・・・

どうしてもメリット・デメリットは出るでしょう.







-基礎, 断熱, 考え方, 遮熱材

関連記事

打合せ01

本日、2回目の打合せ。 前回は私のポンチ絵を提出して、今回をそれをCADにして持ってきてくれました。 むむ、 台所の位置関係が逆になっている。 無駄な4畳の納戸が追加されている。 納戸は、なるほどー, …

間取り煮詰まる

間取りがほぼ決まりました.プラン9までいろいろ修正を加えました.初めのうちは,思いつくことを好き勝手に希望したので,一時は「合計3600万円」となりました.(えーーっ!) さて,今回はいくらの見積もり …

位置だし

位置ダシが行われていました むー.「だし」の漢字変換が... 位置出汁ではなく,位置出し. 「昆布出汁」でもなく,「鰹だし」でも「位置だしぃー」でもない. 日没が近かったのでほぼ逆光です. &nbsp …

完了検査は「とりあえず」

完了検査がとりあえず終わっていました. 日程がタイトなので 「とりあえず」受けたという感じで まだまだです. 当然「完了証」は交付されていません. 2階の便器がありました. 仕様書では Panason …

第一種顕熱換気のスパイラルダクト

現場構造見学会前日 お昼休みに現場へ行ってきました. 外張断熱の二層目(ウレタン45mm)が順調に貼られていました. ヒートブリッジを最小限にするために 外壁となる、サイディング固定と通気層のためだけ …

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930