丘の上のカリーナ

桜の開花が日本一遅く,8月の平均日最高気温21.2℃の釧路で高断熱・高気密住宅を作る

地盤 基礎 測量

GL出し

投稿日:


先日,GL出しに立ち会ってきました.
道路と土地の奥側では約400mmの差があるようで
奥の方が低くなっています.

私は基礎がむき出しになってもいいのですが,盛り土をするそうです.
仮に基礎の深さが1000mm必要(釧路市の凍結深度は100cm)として

1.
現状の土地の道路側で1000mmの深さの基礎を確保したとします.
で,これを水平に奥側に延長すると
土地の奥側の基礎の深さは1000-400=600mmにしかなりません.
盛り土で隠して,奥側でも基礎の深さ1000mmの深さにするのでしょうか.

2.
それとも,
奥側の基礎全体の高さは1400mm(凍結深度GLの下1000mm+GLの上400mm)にして,
これを水平に道路側に延長して
道路側でも基礎の深さを1000mm確保する.

どっちなのでしょうね.
「1」は凍結深度を「ごにょごにょ」しているように思います.
「2」はコストアップになると思います.

次回にでも担当のKMさんに尋ねてみましょう.

 

9月中旬から12月にかけての釧路は晴天が続きます

このように晴天が続くので凍結深度も深いのでしょう.
(各地の凍結深度)
札幌市  60cm
旭川市  80cm
釧路市 100cm

よく「極寒の旭川でも」とかCM等で言われますが
旭川市は確かに,瞬間的な年最低気温は低いです.
しかし,凍結深度で考えると旭川市よりも釧路市の方が寒いです.

凍結深度は一種の「積分」,つまり「積算気温」をあらわしたものです.

積分的な気温の表し方,例えば「暖房デグリーデー」で見る

(単位:度日.値が大きいほど暖房負荷が高い.「暖房デグリーデー」とは?)
東京:1590
札幌:3613
旭川:4237
釧路:4393

とまあ,釧路市はストックホルムよりも寒いですわ.

こんなところで暖かい家を作ろうというのです.
なので,日高山脈以西,本州以南の皆様には過剰で全く役にたたない情報が多いでしょうw

 

 







-地盤, 基礎, 測量

関連記事

位置だし

位置ダシが行われていました むー.「だし」の漢字変換が... 位置出汁ではなく,位置出し. 「昆布出汁」でもなく,「鰹だし」でも「位置だしぃー」でもない. 日没が近かったのでほぼ逆光です. &nbsp …

EPS160mm厚基礎断熱工事進捗状況0503

5月3日に現地へ行ってきました. だいたい5月から8月の釧路は,霧の季節です. 視程が200mから300m程度でしょうか. これですから,夏の気温も上昇せずエアコンの普及率が5%ということになります. …

隣地の売買契約完了

実は測量前に隣地の方から 「ただでいいから,土地と建物を引き取ってほしい」 と,声をかけられていました. 建物は昭和40年代で空き家.土地は接道していない.急傾斜地崩落危険地域. 相続したものの困って …

住宅ローン追加資料

銀行より電話がありました. 「土地の求積図の様な物を送付して下さい」とのこと. まあ,それらしき公的資料(法務局発行の物)はあるのですが 古い土地なので登記の地積測量図はこんな感じ(大笑) こんなんで …

「『仕掛け』埋め込み2」と「アースチューブ」「スカート断熱」

いつもとは違って,引きの画像から. この画像を撮って良かったことは この時間(06:30ごろ)この季節では 東面唯一の窓(階段)に日射があたるのだなぁ.と. あらかじめ,周囲の家の配置から練りに練った …

2019年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930