丘の上のカリーナ

桜の開花が日本一遅く,8月の平均日最高気温21.2℃の釧路で高断熱・高気密住宅を作る

測量

新しい土地の測量終了

投稿日:


 ポンプアップする土地はあきらめて,他を探していました.先週,新しい土地の測量がおわり,購入しました.他人にとっては「急傾斜地崩壊危険区域内」に引っかかり,問題がある土地ですが,私にとってはほぼ完璧な場所です.法律上,土地の半分は建設不可ですが,地面よりも上空を必要としているので全くかまいません.

 実はポンプアップの土地よりもここが希望でした.当初は7年ぐらい前に売りに出されていた土地で,当時は資金が不足していて手を出せず,いつのまにか不動産屋の広告から無くなっていたので,てっきり売れていたのかと思ったら,実は売れなくてあきらめていたそうです.ひょんなことから知り合った不動産屋は「手慣れた」不動産屋で,持ち主と交渉し契約・購入に至りました.契約は「更地・測量後渡し」の契約でした.

 たぶん,解体費用と測量費用の合計は私の購入価格より多いハズ.「急傾斜地崩壊危険区域」かつ田舎の土地価格は二束三文となり,古い家屋(昭和40年代でした)があると,どうしてもこうなってしまいます.また,売り主様は相続したものの,遠方に住んでいるので困っていた模様.古い地域なので土地の寸法も登記上「尺貫法」であり,かつ境界標がなかったので測量をお願いしました.大切に利用いたします.







-測量
-,

関連記事

住宅ローン追加資料

銀行より電話がありました. 「土地の求積図の様な物を送付して下さい」とのこと. まあ,それらしき公的資料(法務局発行の物)はあるのですが 古い土地なので登記の地積測量図はこんな感じ(大笑) こんなんで …

GL出し

先日,GL出しに立ち会ってきました. 道路と土地の奥側では約400mmの差があるようで 奥の方が低くなっています. 私は基礎がむき出しになってもいいのですが,盛り土をするそうです. 仮に基礎の深さが1 …

隣地の売買契約完了

実は測量前に隣地の方から 「ただでいいから,土地と建物を引き取ってほしい」 と,声をかけられていました. 建物は昭和40年代で空き家.土地は接道していない.急傾斜地崩落危険地域. 相続したものの困って …

2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031